公開日 2018年11月05日 | 更新日 2018年11月05日

東京医科大学

脳神経外科学分野

手術を得意とする歴史の深い教室

東京医科大学脳神経外科分野は、脳腫瘍(聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍・頭蓋底腫瘍等の難関手術、悪性脳腫瘍)や脳血管疾患、内視鏡手術、頭部外傷などに対する手術を得意とする教室です。当教室の歴史は古く、昨年で開設から50周年を迎えました。脳神経外科としては草分け的な存在です。

医局情報

診療科 腫瘍内科
専門分野 脳神経外科分野
症例・
手術数
脳腫瘍(聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍・頭蓋底腫瘍等の難関手術、悪性脳腫瘍)や脳血管疾患、内視鏡手術、頭部外傷など
関連病院

当院

関連病院

求める人材

手術が上手くなりたい医師求む!若い頃から多数の手術を経験する教育体制

当教室の最大の特徴は、手術手技の向上を第一に考えた教育体制を組んでいるところです。

全国的にも圧倒的な脳神経外科疾患の手術数を誇る当教室では、教室員全員が高度な手術技能の獲得を目標とします。ですから、若手医師にも早い段階から手術を経験してもらっています。

もちろん、突然難しい手術を任せるようなことはありませんが、責任者の直接指導の下で簡単な手術から挑戦し、問題がないと判断されれば段階的にステップアップをしていきます。

教育体制・キャリアパス(専門医及び学位の取得)

1.教室員の活躍の場

付属病院や各地関連病院で臨床経験を積む

基本的に東京医科大学病院および付属病院、そして関連病院を回り臨床医として活躍している医師が多いのですが、厳密な縛りはありません。なかには虎の門病院など、関連病院以外の外部の病院で活躍している医師もいます。

付属病院

  • 東京医科大学病院
  • 東京医科大学茨城医療センター
  • 東京医科大学八王子医療センター

関連病院

  • 東京都立大塚病院
  • 厚生中央病院
  • 東京山手メディカルセンター
  • 新座志木中央総合病院
  • 西東京中央総合病院
  • 藤枝市立総合病院

2.研修の流れ

基本的には、関連病院を1-2年ずつ周りながら、偏りのない教育を受けることになります。

専門医を取得後は、ある程度、その医師の進みたい方向性を重視しています。

脳腫瘍外科、血管内治療、脳血管外科、内視鏡手術など、当教室で得意とする分野をはじめ、脊髄外科、てんかん外科などの選択も可能です。

キャリアアップのモデルケース

モデルケース;F先生 43歳

  • 卒後1−2年 東京医科大学大学院 脳神経外科専攻
  • 本院6ヶ月,霞ヶ浦病院6ヶ月,救急救命3ヶ月,麻酔科3ヶ月,八王子医療センター6ヶ月
  • 卒後3−4年目 救急救命6ヶ月
  • 理研脳科学総合研究センター神経タンパク制御チーム 1年6ヶ月
  • 卒後5年目 医学博士 取得 (タンパク質分解とアルツハイマー病の研究)
  • 卒後5−6年目 東京医科大学霞ヶ浦病院 脳神経外科助手
  • 卒後7年目 日本脳神経外科学会専門医取得
  • 卒後7−11年目 東京医科大学 脳神経外科助教
  • 卒後11年目 日本神経内視鏡学会 技術認定医取得
  • 卒後12−13年目 ドイツ ハインリッヒハイネ大学 脳神経外科留学
  • 卒後14年目 東京医科大学 脳神経外科助教
  • 卒後18年目現在 東京医科大学 脳神経外科講師

キャリアモデルケースをより詳しくみたい方はこちらを参照ください。(http://team.tokyo-med.ac.jp/nou/bosyu/

3.専門医・学位について

専門医試験に向けて優れた卒後教育を提供

当教室のメンバーは2013年から増え始めたため、ここ数年は専門医取得を目指す若手医師が多く在籍しています。一般的に、脳神経外科専門医試験は他の専門医試験に比べても難易度が高いことで有名ですが、昨年・今年で8名が専門医試験を受け、全員合格しています。

また当教室から出される論文数も年々増加しており、現在のところ年間20程度の英語論文が発表されています。これからがますます楽しみな傾向だと思っています。

4.若手が成長できる環境

実力主義のもと、年齢に関わらず誰もが上を目指せる環境

私が主任教授となった2013年より明確に教室の運営方針を打ち出しております。

現在の東京医科大学脳神経外科の運営方針は、「患者に優しい」、「チームワークのとれる」、「勤勉で真面目な医者」が高く評価されるということ。年功序列ではなく実力で評価を行うというものです。当教室の医師のほとんどが脳神経外科のプロフェッショナルとして高い手術手技を獲得していますが、その中でも特に実力が高ければ若くして管理職(講師クラス)に立つことも可能です。実際に当教室では、後輩が先輩よりも先に昇任している実例もあります。

5.留学実績

基礎研究で年間一名が国外留学、国内留学の実績も豊富

当教室は手術や臨床を中心に教育していますが、研究環境もあります。現在では当教室の秋元教授のコネクションで、悪性グリオーマの基礎研究のため毎年1名がハーバード大学に留学している状況です。その他、国内留学も豊富な実績があります。

医局の構成

所属医師 38名
専門医

30名

男女比

36:2

所属医師の
主な出身大学

東京医大、浜松医大、旭川医大、佐賀大、新潟大学、広島大学、福井医大、昭和大、金沢医大、東海大、慈恵医大

同大学出身者と
他大学出身者の比率

同:他 = 27:11

先代の3教授は全員東京医科大学出身で、かつては学内出身者が教室員のほとんどを占めていましたが、2013年より他大学出身の私が第4代主任教授となってからは出身校の垣根なく、他大学からの入局者も多くなっています。

当教室には現在、38名の医師が在籍しており、女性は2名です。

研修生へのメッセージ

運営方針を理解しやる気に溢れる医師を歓迎

当教室は手術と臨床に特化した教室であるゆえに、手術がうまくなりたいという強い意欲を持った方にとってはこれ以上とないほど良い環境が整っています。指導は厳しく、研修プログラムは決して優しいものではありませんが、それだけ速いスピードで手術の上達ができるはずです。
当教室の運営方針は、チームプレーを重視すること、優しい気持ちで患者さんに接すること、他職種との協調性を持って医療にあたること。この方針に共感し、「手術手技を鍛えてもらいたい」「自分も手術が上手くなりたい」というやる気と積極性に溢れた脳神経外科医志望の先生方を大歓迎します。
こうした気持ちを持って入局していただければ、当教室が一丸となって貴方のキャリアアップを支援していきます。努力を怠らなければ、必ずや一流の脳神経外科医として輝く未来が実現すると思います。当教室で、患者さんの気持ちに立てる手術のスペシャリストを目指してみませんか。

東京医科大学の情報

住所:〒160 - 8402 東京都新宿区新宿6 - 1 - 1

電話:03-3351-6141

公式HP:https://www.tokyo-med.ac.jp/

この医局の情報をインタビューさせて頂いた先生

東京医科大学 脳神経外科学分野 主任教授/東京医科大学病院 脳卒中センター長

河野 道宏 先生

東京医科大学脳神経外科学分野主任教授および東京医科大学病院脳卒中センター長を兼任する。良性脳腫瘍のなかでも高難度の小脳橋角部腫瘍(聴神経腫瘍)の手術を得意とし、年間120-150件の手術を行っている。小脳橋角部腫瘍の累積手術件数は1700例以上であり、他に追随を許さない圧倒的経験を有するエキスパート。外来診察、術後のフォローアップも自身で行い、患者からの高い評価と厚い信頼を得ているほか、全国医師からの指名での紹介状も後を絶たず、時には罹患した医師自身からの指名も来る当分野のトップランナーである。